50音別 「て」から始まる夢 た行 オカルト・都市伝説

天使

2019/03/27

その神々しい姿は、あなたの内で輝く高貴な精神かもしれない。

天使が登場する夢は、「公正」「正義」「道徳」を表します。

神々しい光に包まれた天使が地上に舞い降りる様子は、いかにも神秘的な夢ですが、この天使は外部から接触を図ろうとする高貴な存在ではなく、あなた自身の内に存在する倫理観の権化、と考えたほうがいいでしょう。

実際のところ、あなたが特定の信仰を持たない場合、天使なる存在と接触する可能性はほぼ皆無であり、同時に天使と対極の存在である悪魔も同様に、あなたの心に救う邪な感情を具現化した映像と考えられます。

いずれコラム枠を使ってじっくり紹介しますが、物事が単体で存在することはありません。天使という輝ける存在がいる限り、その対となる悪魔も決して消えることもありません。

天使の姿は、一見とても神秘的で恍惚とした印象を残すかもしれませんが、その存在に比例した影の存在を同時に示唆します。どのようなシチュエーションの夢であっても、このことをしっかり覚えておいてほしい、と個人的に管理人は思います。

関連する天国の夢は、天国の夢診断ページを合わせてご覧ください。

スポンサードリンク

●天使と話す夢

天使はあなたにどんな言葉を投げかけましたか?

スピリチュアル大好き!な方には大変申し訳ありませんが、ひとまず天使という存在が、何らかの事象を指す心理作用の働きである、という前提にしておきましょう。

冒頭でも記載した通り、天使の姿を作り出した源は、あなたが「正しい」と感じる高貴な精神や倫理観の投影であるケースが考えられます。

もしも実際にその通りであれば、天使があなたに語りかけた言葉は、あなたの内に存在する高貴な精神をまとった「あなた自身」との問答である、と捉えられます。

天使が話す内容に、もれなく賛同する様子であれば、それは外側から受ける啓示ではなく、本来はあなた自身が持っていた答えかもしれません。

会話の中で特定のフレーズに何度も言及する夢を見た場合は、その内容を一緒に調べてみましょう。今後の進路のヒントが隠れているかもしれません。

●天使に警告される夢

前途の天使と話す夢に引き続き、内に存在する倫理観による葛藤を表します。

この項目でも、夢に登場した天使が個々の心理作用によって輪郭を帯びた存在であることを前提として解釈します。

この夢はいわゆる「良心の呵責」と呼ばれる心の葛藤ではないかと推測します。もしも天使が行動や動作に強い注意を放つ様子であれば、その可能性が幾分高いと考えられます。

またあなたの心の内に存在する良心ではなく、特定の誰かが天使の姿を借りて登場しているケースもあります。

このパターンの場合は、その正体である人物が、近日中に判明するでしょう。

●天使から何かを貰う夢

あなたが正しい方向へと進むための重要なヒントが得られる暗示です。

天使が授けたアイテムはどのような物だったでしょうか?一緒にその項目を調べて見ましょう。そのヒントを探り出すことが出来るかもしれません。

また、この夢に登場した天使は、あなたの身近に存在する特定の人物である可能性が高いと考えられます。

●沢山の天使が現れる夢

無数の天使を眺めて、どんな印象を感じましたか?

どこか息苦しい印象であれば、あなたが社会的なルールや道徳観にウンザリしていることを表します。

逆にポジティブな印象を受ける夢は、集団帰属意識に則った公正さを求めている心理傾向を示しています。

また視界を覆うほどの数の何かが現れる夢は、印象の内容はともかく、大きな誤解や不安を指すケースが多いので、例え神々しい存在である天使であっても、念のため注意しておきましょう。

●天使と悪魔が両方現れる夢

天使に警告される夢と同様に、良心の呵責に悩まされる心理状態を表します。

また双方が争う夢なら、その可能性がさらに高く、無事に天使が悪魔を退治する様子であれば、正しい判断を下せることを意味します。

ただし、悪魔が勝利してしまう夢であれば、あなたが誘惑に負けてしまう危険を暗示しているので注意が必要です。

関連する悪魔の夢は、悪魔の夢診断ページを合わせて参照してください。

スポンサードリンク


●天使になる夢

優れた判断力と理性の持ち主であることを示します。

同時に人々を正しい方向へと導くこと、またはその必要性を指すケースもあります。

また背中に生えた翼を使って空を飛ぶ様子は、大きな飛躍を指しますが、シチュエーションによっては高い理想を描く心理状態を指す場合もあります。

関連する空の夢は、空の夢診断ページを合わせて参照してください。

●ミカエルの夢

天使という存在の代名詞であるミカエルは、「公正」「正義」のシンボルです。

聖書を筆頭に数々の武勇伝を残すミカエルは、右手に剣、左手に天秤を持つ力強い男性の姿であると伝えられています。

右手に持つ剣は、これまで数多くの悪魔をなぎ払い、左手に持つ天秤は亡くなった人間の魂の公正さを計ります。

四台元素では「火」の元素であり、方角は「南」を指します。また色彩では「赤色」をシンボルとします。

関連する剣の夢は、剣の夢診断ページを。赤色の夢は、赤い色が印象的な夢の夢診断ページを合わせて参照してください。

●ガブリエルの夢

四大天使の中では唯一の女性の姿であると推測されるガブリエルは、コミュニケーションに関連するシンボルを司ります。

伝承では、後にイエス・キリストとなる子を身篭ったことを聖母マリアに伝えたのが、このガブリエルであったと伝えられています。

その際に白い百合の花を携えていたことから、この百合が意味する「純潔」のシンボルを持つと解釈するケースもあります。

また上記の聖母マリアの一件を反映されてか、「神のメッセンジャー」の異名も持ち、通信事業の守護神とも云われています。

四大元素では「水」に該当し、方角は「西」に当たります。色彩は「青色」をシンボルカラーとします。

関連する百合の花の夢は、百合(ユリ)の夢診断ページを。青色の夢は、青い色が印象的な夢の夢診断ページを合わせてご覧ください。

●ラファエルの夢

健康的な日に焼けた肌を持つ男性の姿であるとされるラファエルは、医学の造詣が深いことから、「治癒」をシンボルとします。

恐らく数多い天使の中でも、ラファエルを除いて医学に関しては右に出る存在はいないでしょう。その能力は単なる疾患を癒すだけに留まらず、悪魔に魅入られた人間を救い出したエピソードも残されています。

ミカエルと同じ剣を携えていますが、ラファエルが持つ剣は炎に包まれた神秘的な剣であると云われています。

四大元素では「風」であり、方角は「東」を指します。色彩は「黄色」に該当します。

関連する黄色の夢は、黄色が印象的な夢の夢診断ページを合わせて参照してください。

●ウリエルの夢

太陽を統治すると云われるウリエルは、「感受性」「慧眼」のシンボルです。

他の天使と混同されたり、書物によって奇妙な役回りに転じることがあるウリエルは、実は未だ謎の多い天使でもあります。

しかし、どの伝承でもウリエルが優れた慧眼を発揮する場面が多く、同じ天使の姿に扮したサタンの正体を見抜いたエピソードも残されています。

その優れたインスピレーションが示す通り、ウリエルは芸術家を守護する存在でもあると伝えられています。

四大元素では「地」を司り、方角は「北」に位置します。色彩は「緑色」に該当します。

関連する緑色の夢は、緑色が印象的な夢の夢診断ページを合わせてご覧ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-50音別, 「て」から始まる夢, た行, オカルト・都市伝説
-, , , , ,