50音別 「さ」から始まる夢 さ行 場所

裁判所

2019/03/27

異議アリ!例え無罪でも油断ならない結末を迎えるかも?

裁判所の夢は、「公正」「倫理」「良心」などを表します。

この解釈は、「罪」というフレーズが関連する施設や抑制する職務には共通して見られるシンボルです。

裁判所で行われる裁判の様子は、あなたが抱くわだかまりや罪悪感に対する憶測や希望などを指し、判決の内容もそれに準じます。

つまり裁判所で行われる審議は、実際の周囲の反応や、現実に表れる結果とは異なる、あなた自身の心の「葛藤」を投影していると言えます。

特に注目したいのが、判決の内容です。詳しくはそれぞれの項目でご紹介しますが、有罪・無罪のいずれの結果であっても、必ずしも望んだ結末が訪れるとは限りません。

緊迫した裁判の様子を思い出しながら、シチュエーション別の項目をじっくりと見ていきましょう。

スポンサードリンク

●裁判所を訪れる夢

どのような事情で裁判所にやってきたかで意味合いが変化します。

被告、または原告として裁判所を訪れる夢なら、己の道徳心を問われる瀬戸際にある心理状態と考えられます。いわゆる良心の呵責(かしゃく)と言われる心の葛藤を抱えてはいませんか?

弁護士、または裁判官などの職務として裁判所にやってくる夢は、公正な判断力・理性の持ち主であることを指します。裏を返せば、あなたの適切な判断力が問われる場面が訪れることを暗示しているとも言えます。

また裁判所を前にして気分が落ち込む、緊張するなどの心的変化が印象的な夢は、あなたの判断力が求められる問題に対する先入観を表していると推測します。

●裁判の様子を傍聴する夢

周囲の声に耳を傾けることが問題解決の鍵となることを表しています。

ただし、一緒に傍聴する人達が騒がしい場合は、周囲の意見を聞き入れたくとも、正しい意見を導き出せずに苦しむ心境を指します。

状況はともかく、周囲を眺めて妙に目を惹く人物、耳に残るフレーズなどがありませんでしたか?もしかしたら、その記憶に刻まれた何かが重要なヒントを握っているかもしれませんよ。

●被告人となって裁判を受ける夢

自身の選択が倫理的に反してはいないか、と考える心の葛藤を投影していると考えられます。

また原告となって裁判を行う夢は、厳格な道徳心を背負う心理状態を意味しますが、被告となる場合は、何らかの罪悪感を抱く悩ましい心境を指すケースが多いようです。

もしも傍聴する人達を含めて、周囲が騒がしいと感じる夢なら、良心に背く行為が、周囲から反発を受けるのではないか、と恐れていることを指します。

●有罪の判決を言い渡される夢

強い罪悪感に悩まされている心境を指します。

既に被告人となって裁判を受ける夢の時点で良心が疼いている状態と考えられますが、有罪となる夢なら、さらに意味合いが強調されていると言えます。

しかし、弁護人が異議を申し立てる、傍聴していた人達が反発するなど、あなたの有罪判決に憤りを見せる夢なら、その罪の意識はあなただけが感じているかもしれないことを示唆しています。

関連する刑務所の夢は、刑務所の夢診断ページを合わせて参照してください。

●無罪の判決を言い渡される夢

背負った罪の意識を誰かに慰めて欲しいと考える心境を指します。

ここ最近、「あの時の出来事を許してもらえないだろうか」と願う場面がありませんでしたか?

この夢は現実とは真逆の意味合いとなる「逆夢」の類に属します。つまり、夢の世界での無罪判決は必ずしも身の潔白を証明するとは限らない、ということです。

いわゆる希望的観測に過ぎない夢ですが、前途の有罪判決のケースと同じく、あなたの無罪判決に周囲が反発した場合は、現実でも同じ場面にならないとも限らないため注意しておきましょう。

スポンサードリンク


●裁判に遅刻する夢

本当に自分の選択が正しかったのか、結論を急ぐ心境と考えられます。

夢占いにおける遅刻をする様子は、非常に楽観的に前進する様子か、先を急ぎ空回りする様子のいずれかを表します。

どちらかと言えば後者のケースが多く、公正さを示す裁判所の意味と合わせて考慮する限り、どうやらあなたは非常に几帳面で真面目なパーソナリティの持ち主なようです。

上記の内容に心当たりがあるなら、ひとまず焦らずじっくりと状況を見極めてみてはいかがでしょう。

関連する遅刻の夢は、遅刻する夢の夢診断ページを合わせてご覧ください。

●裁判が中止になる夢

悩ましい心の葛藤が、何らかの経緯によって棚上げになるかもしれません。

また中止になった発端が思い出せるなら、その出来事についても調べてみましょう。

もしかしたら、さらに厄介な問題が降りかかった際の解決策を模索するヒントになる可能性があります。

●裁判官になる夢

厳格な倫理観、または公正な判断力を必要とする場面が訪れることを指します。

また裁判中に変わった出来事はありませんでしたか?もしも大荒れの裁判だったなら、あなたの力が必要とされる場面でも激しい摩擦が生じる可能性を示唆しています。

尚、今後やってくるであろう公正さを必要とする出来事は、良く悪くも周囲の注目を集めることになりそうです。冷静な対応を心掛けましょう。

●裁判所を出る夢

厳格な公正さが求められる場面が終わることを指します。

裁判を終えて満足した様子で建物を後にする夢なら、ひとまず良心の呵責から解放されることになりそうです。

また有罪・無罪いずれの判決を受けた夢であっても、あなたに罪悪感を抱かせた事象が一旦落ち着くことになるでしょう。

●弁護士が登場する夢

弁護士はあらゆる問題解決を助けるアドバイザーとして夢の中に現れます。

一見、強力な味方の登場と思えますが、視点を変えれば誰かの手を借りなければならない問題が浮上する予兆でもあります。

弁護士とのやり取りで印象に残る行動、フレーズなどはありませんでしたか?

もしかしたら弁護士が残した印象深い言動が、今後やってくる出来事を乗り越えるためのヒントになっているかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-50音別, 「さ」から始まる夢, さ行, 場所
-, , , , , , , , ,