50音別 「さ」から始まる夢 さ行 場所

坂道

2019/03/27

上り坂か下り坂で夢の意味が大違い!

坂道が登場する夢は、夢占いでは、上り坂は「試練」「成長」、そして下り坂は「怠惰」「惰性」のぞれぞれを象徴しています。

あなたは夢の中でどちらの坂道を目にしたでしょうか?

もしも上り坂なら、大きな成長が見込める実りある時間を過ごすことになるでしょう。もちろん、その成果を手に入れるための試練もありますが、乗り越えた先には大きな幸せが待っているでしょう。

反対に下り坂なら、やる気を失ったり、望まない進路へと進む暗示です。足への負担は上り坂より楽ではあるものの、その弊害は計り知れません。気持ちを改めて取り組みましょう。

いずれの場合も状況に大きな変化が生じる可能性が高いため、一時的な混乱を経験するかもしれません。これから起こる出来事を探るために、夢の詳細を思い出しながら代表的な項目を見てみましょう。

スポンサードリンク

●坂道を眺める夢

上り坂を眺める夢か、それとも下り坂を眺める夢か、のいずれかで夢の解釈が大きく異なります。

上り坂を眺める夢は、これから運気が上昇することを意味します。ただし斜面の角度が急であればあるほど、試練としての意味合いが強くなるので、相応の覚悟が必要になるかもしれません。

長い上り坂を眺めて、及び腰となる夢なら、これから根気のいる時期に突入する可能性が濃厚です。気合を入れて取り組みましょう。得られる実りはきっと大きいはずです。

逆に下り坂を眺める・見下ろす夢は、これから運気が下降することを暗示しています。急な下り坂なら、物事の流れが急変することを指すので要注意です。

また下り坂は、望まない恋愛関係を象徴するケースがあります。心当たりのある方は、自分の気持ちを見つめ直す必要があるでしょう。

上り坂・下り坂のいずれも、眺めるだけでなく歩き始める夢なら、早い段階でそれぞれが象徴する出来事を経験することを意味します。物事が変化する転換期とも言える出来事になりそうなので、周囲の変化に上手く対応できるように心掛けておきましょう。

●上り坂を歩く夢

さらなる高みを目指して試練を乗り越えようとする前向きな精神を投影しています。

疲労を感じながらも、上り坂の頂上にたどり着く夢なら、達成感を味わう出来事に恵まれそうです。今現在、ひたむきに力を注いでいる何かに心当たりがあるなら、もうじき日の目を見る時がやってくるでしょう。

誰かと一緒に歩く夢なら、その人物がこれから試練を乗り越えるための協力者となりそうです。口にしたフレーズを思い出してみましょう。試練を乗り越えるヒントが隠れているかもしれません。

●下り坂を歩く夢

上り調子だった状況が徐々に暗転することを意味します。

ただし、運気にも上昇・下降といった周期があります。下り坂であっても、特にアクシデントもなく歩く夢なら、さほど心配は必要ないでしょう。

しかし、途中で転んで怪我をしたり、急な下り坂を滑り落ちる夢なら、状況が一変して混乱する可能性があります。

今まで順調に進んでいる何かに心当たりがあるなら、状況の変化に対応するために心の準備をしておいたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク


●坂道を誰かと一緒に歩く夢

上り坂を共に歩く夢なら、試練を乗り越えるための協力者となることを意味します。

またお互いの長所を引き伸ばす波長の合う人物や、これから長い付き合いになるパートナーを表す場合もあります。いずれにせよ有益な経験をもたらす幸運の使者となり得る人物と言えるでしょう。

逆に下り坂を一緒に下りる相手の場合は、怠惰な関係となる場合があるので注意が必要とされています。

しかし、下り坂を一緒に歩く人物には幾つかの解釈があり、下り調子なあなたをサポートしてくれる人物を表すケースもあるため、見極めが難しい夢と言えます。

一緒に歩いた際に、どんな会話したか、または途中で目にした印象深い出来事などを思い出しながら、判断の基準を絞ってみるといいでしょう。

関連する友達の夢は、友人の夢診断ページをご覧ください。

●坂道を走り抜ける夢

上り坂を一気に走りぬける夢なら、いよいよ辛い試練の時間もラストスパートとなる予兆です。

途中で転ぶことなく走りぬくことが出来たなら、満足のいく成果をあげることが出来るでしょう。

逆に下り坂を走る夢の場合は、一気に暗転した状況の中で奔走する様子を表しています。

走る、というより追われているような状況なら、時間に余裕を持った対応を心掛けておいたほうがベターです。

●坂道から転げ落ちる夢

小さな綻びが、やがて大きな問題に拡大することを暗示しています。

坂道を真っ逆さまに転げ落ちていく夢なら、順調だった物事が急激に暗転することを意味するので特に要注意です。

慣れている作業ほど、手を抜かずに取り組む必要があるでしょう。

スポンサードリンク


●坂道の途中で迷う夢

上り坂で迷う夢なら、高みを目指す試練としての意味合いが強まります。

最後まで道に迷い続ける夢なら、生みの苦しみを味わうことになりそうです。いずれは良い経験として刻まれることになりそうですが、もうしばらくの辛抱が必要になるでしょう。

下り坂で迷う夢なら、怠惰な状況から抜け出せないことを暗示しています。

惰性で付き合っている異性との関係や、やる気を失ってダラダラ過ごしている日常に心当たりはありませんか?

●坂道で何かを拾う夢

変化する状況の中で得られる珍しい出来事を表しています。

もちろん、その拾ったアイテムが好転・暗転する状況を進むためのヒントを与えてくる可能性が十分あります。一緒にその意味を調べてみましょう。

また同じ試練を乗り越えた経験者の有益なアドバイスを耳にする場合もあります。

●坂道の途中で誰かに会う夢

もしも見知らぬ人物と会う夢なら、自分の内に新しい可能性を発見するかもしれません。

特に上り坂の場合は、自分の知られざる適正や才能を発見する可能性が高い夢です。会話を交わす夢だったなら、どんな言葉を口にしたか思い出してみましょう。これからの未来を暗示する重要なヒントが隠れているかもしれません。

もちろん下り坂の場合も同じ意味を待ちますが、怠惰や惰性の意味合いが強いため、自分の弱い一面に触れる場合がほとんどです。何故か罵られる夢だったなら、自己嫌悪に陥る夢なので要注意です。

スポンサードリンク


●坂道の途中で休憩する夢

状況と的確に判断するために、一度歩みを止める必要がありそうです。

上り坂で足を止める夢なら、一度状況を見直すことで、さらに高みを上ることが出来ることを意味します。今まで気付かなかった何かを発見する夢なら、スキルアップのためにヒントを目にする暗示です。

下り坂で休む夢の場合は、暗転した状況を食い止めるために、冷静さを保つ必要性を表しています。周囲に変わった様子はありませんでしたか?別の道を発見する夢なら、悪い状況を切り抜ける抜け道を見つける暗示です。

●坂道で待ち合わせする夢

好転・暗転のいずれかの最中に出会うキーマンの存在を示唆しています。

上り坂の途中で誰かが待っている夢なら、あなたの成長を心待ちにしている人物を表しています。運気が上昇傾向にありますが、良い報告が出来るように努力を怠らないようにしましょう。

逆にあなたが坂をのぼる誰かを待つ夢の場合は、一緒に成長する人物を探していることを意味します。現れた人物があなたの成長に欠かせない重要人物になりそうです。

下り坂で誰かが待っている夢の場合は、幾つか異なる解釈があります。

ひとつめは、あなたと惰性で付き合う人物の投影のパターンです。そのまま一緒に坂を下る夢なら、あなたの成長を阻害する人物になり得そうなので注意が必要です。

ふたつめは、あなたの下降気味な運勢を食い止める心強い味方の登場を表すパターンです。一緒に別の道を歩く夢なら、このパターンに該当する可能性が高いでしょう。

●坂道で後ろを振り返る夢

これまでの成長の軌跡を辿ること、または後悔の念のいずれかを表しています。

振り返った先で目にした光景や印象を思い出してみましょう。随分と急な坂道を上ってきたな、と感慨に耽る夢なら、自分の成長を実感する時間が訪れることを暗示しています。

また後ろに誰かが立っている夢なら、目標としていた人物やライバルを追い越したことを意味します。吉兆の夢と言えますが、油断も生じやすいので注意しておきましょう。

下り坂の場合は、かつての栄光を懐かしんだり、後悔する例が多い夢です。しかり悲しい印象がない夢であれば、別の進路へと進む転換期となるでしょう。

スポンサードリンク


●坂道が途中で無くなる夢

夢の光景と同じく、進むべき道を見失うことを暗示しています。

これまで上り坂の夢の多くが吉夢でしたが、この場合は上昇志向だった流れに急なストップがかかることになりそうです。スランプに陥る場合もありそうなので注意しておきましょう。

下り坂の場合も同様に進路を見失うことを意味しますが、これ以上の怠惰な姿勢を止めるべきとの注意が入ることを表す場合があります。

●坂道が工事中の夢

新たな可能性を見つける進路が、そろそろお目見えしそうです。

道路に限らず、何かを工事・建設している様子は新たな自分が構築する準備が始まる予兆です。

もう少しで工事が終わりそうだ、と感じる夢なら、早い段階でその兆候が表れそうです。

関連する工事中の夢は、工事現場の夢診断ページをご覧ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-50音別, 「さ」から始まる夢, さ行, 場所
-, , , , ,